現代医療に欠かせない|パチッと大きな瞳で魅力的な顔立ち|目頭切開はクリニック選びが重要

パチッと大きな瞳で魅力的な顔立ち|目頭切開はクリニック選びが重要

婦人

現代医療に欠かせない

胸

胸を失った時に必要

昨今では、女性の乳癌患者がとても増えています。特に20代や30代の若い女性でも乳がんになりやすく、検診の必要性が叫ばれているのです。そんな状況下に置いて、乳房再建治療が注目されています。乳房再建治療とは、乳癌で変形したり、失ってしまった乳房を再び取り戻すものです。そもそも乳房とは、女性だけが持つ特別な臓器です。なので、乳癌治療で乳房を切除した患者さんは、強い喪失感に苦しむ事になります。また、胸が全くなくなるので、他人の視線を感じるなど生活面で不具合を感じることも多いです。しかし、乳房を再建することで、そのような懸念が一切なくなるのです。女性が自分らしく生きていくために、乳房再建治療は欠かせない治療といえます。

具体的な施術方法

病院では、現在、バストの形、癌治療の経過に合わせて、いろいろな乳房再建治療法があります。中でも特に人気を集めているのが、単純人工乳房挿入法という治療です。これは、大胸筋の下に直接、人工の乳房を挿入する方法です。通常、乳癌の際の乳房切除術を行った時の傷から人工乳房を挿入していきます。なので、新たに傷が増えるということもないのです。挿入される素材は、人工臓器などの医療製品に使用されるシリコンです。日本の厚生労働省にあたる米国FDAが認可しているほどに、とても安全性の高い素材です。万が一、バストの中で破損しても中身が体内に漏れ出さないです。しかも、感触はとても柔らかく、手術をしていると見た目に気づかれる事はないです。乳癌患者にとって、救世主的な治療です。